旅の準備

ANA SFC(半永久的にANA上級会員になれるクレジットカード)は必要か

2017年、国内出張が多くなる年でした。友人から、「それだったらSFC修行したら?」といわれて、それって何?って感じでしたが、2017年にSFCを取得しました。

実際修行をしようかどうか悩んでいる人もいらっしゃると思い、今回はSFCやJGCなどのエアライン上級会員取得について私の個人的な考えを書いておきたいと思います。SFC修行をしようと考えている人の参考になれば幸いです。

SFCとは?取得条件は?

SFC(スーパーフライヤーズカード)は半永久的にANA上級会員になれるクレジットカードです。SFCを取得するためには、ANAの上級会員であるプラチナ会員以上にならなければなりません。

ANAの上級会員であるプラチナ会員になるための条件は,1〜12月の1年間で飛行機に乗ると貯まるプレミアムポイント(PP)を5万プレミアムポイント(PP)獲得することです。前年の搭乗実績が翌年に反映され、例えば2016年に5万PP獲得した場合、2016年の5万PP獲得した時点からと、2017年はプラチナ会員特典を利用できますが、2017年に搭乗実績がなければ、2018年は当然特典利用はできません。しかし、SFCを持っている限り、ANAの上級会員であるプラチナ会員であるときに受けられる特典の一部を永久的に受けることができます。

SFC(スーパーフライヤーズカード)の特典

色々特典があるようです。

優先チェックインカウンターと専用保安検査場の利用

一般の保安検査場などが混雑していても、専用レーンがあるため、待たされることはありません。

優先搭乗の案内

搭乗クラスに関係なく、優先的に搭乗できます。

予約時の空席待ちの優先

予約待ちが多くいる状況であっても、空席が確保された場合は優先的に席が割り当てられます。

フライトボーナスマイルの加算(35〜50%)

カードの種別により、通常積算されるフライトマイルに加え、フライトボーナスマイル積算率で算出されたフライトボーナスマイルがプレゼントされます。

航空会社指定のラウンジが利用できる

ANA便利用の場合、本人に加え、同行者1名もANAラウンジが利用可能になります。お酒は飲み放題です。また、SFC会員は、同時に「スターアライアンス・ゴールド」メンバーにもなるため、スターアライアンス加盟航空会社運行便搭乗時に全世界1,000箇所以上の空港内にあるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジを利用することができます。

プレミアムエコノミーへの変更

搭乗時に空席があればエコノミークラスからプレミアムエコノミーに無料で変更できます。

SFCは一度取得すれば、年会費を払い続ける限り一生持つことができるステータスです。一生持つことができるというのは非常に大きなメリットで、魅力的です。

SFC修行ルートの検討との実際にかかった費用

SFC修行ルートの検討

基本的にプレミアムポイントは距離が長くなるほどたくさん獲得できます。ただし、格安チケットなどの場合は付与率が悪くなります。関東在住の方であれば、「羽田-那覇」便で株主優待割引」や「プレミアム旅割28」を利用される方が多いようです。例えば、羽田-那覇をプレミアム旅割28で利用したときに貯まるプレミアムポイントは2860ポイントです。これで5万PPを貯めるには約9往復になり、1日に2往復する、いわゆる修行僧、修行尼もいらっしゃるそうです。

実際のルートと費用

この年は、国内ですが出張の多い年で、4万PPくらいは、出張のフライトで獲得できる計算でした。こんな事めったにないし、50万自腹で修行する人だっているんだから…と悪魔の声がささやきます。結局、プライベートの札幌旅行を捻出、そのフライトを往復とも「プレミアム旅割28」で行くことにしました。なんとも贅沢です。往復7万円位の飛行機代でしたが、たまっていたマイルをスカイコインに変えて払いました。じゃあ修行費用は実質タダ?というとそうではなく、旅行先での宿泊代や飲食代など・・・ありますし、7万円はやっぱり7万円です。ですので、実際にかかった費用は7万円+αということになります。

ANAかJALか

ANAと同じくJALにもJGCというカードがあります。どちらにするかは迷ったのですが、よく行く出張先がANA便のほうが多かったので、ANAにしました。元々はJALに乗ることが多かったので、JALカードも持っていたのですが。

修行前に・・・ANAワイドゴールドカードを入手

スカイコインで航空券代金を支払ったと書きましたが、なぜかというと、特典航空券を予約してもプレミアムポイントがつかないからです。ANAワイドゴールドカード保有でレートが異なるので、取得しました。また、SFC取得のためっていっていたのに、審査落ちしたら元も子もないですからね。

ANAスカイコインは交換するマイル数やステータスに応じてマイルとの交換比率が異なり、交換するマイル数が多くなるほど交換レートはよくなっていきます。

5万マイル以上をANAスカイコインに交換するレート
ブロンズステイタス以上:1.7倍
ANAワイドゴールドカード保有者:1.6倍
ANAカード(一般)保有者:1.5倍

SFCを取得して・・・必要かは・・・・

SFCは必要かどうか?というと、私にとってはなくても支障はないけど、あるとちょっといいくらいのクレジットカードです。飛行機を乗る機会が多い場合は、もっておくと良いかなと思います。フライトボーナスマイルの加算もうれしいです。また実際、台風の後の予約が取りづらいときには、先に来た人より優先的に予約がとれたのは本当に良かったです。ただ、毎年1万ちょいのクレジットカードの年会費は負担です。しかし、今後上級会員となるような搭乗をするかというと想像できず、手放したらもう入手できない・・・というのがあります。しかしそんなに飛行機に乗らないならその必要性もないという結論にはなるのですが。私はこれからも解約すべきか継続すべきか検討すると思います。来年には解約しているかもしれません。