旅情報

【京都】嵐山紅葉満喫おススメコース 見頃・見どころ

嵐山 紅葉おススメコースは?

嵐山は、紅葉の名所です。今回は、徒歩で回れるおススメコースをご紹介します。

渡月橋→天龍寺→竹林の道→大河内山荘→常寂光寺

天龍寺は世界遺産であり、かなり混みます。ですので、できるだけ早めの時間に回るほうがよく、また「早朝参拝」も行っているので、京都宿泊の方であれば、その時間を狙っていくのが良いと思われます。

少な目かと思うかもしれませんが、紅葉の時期の嵐山は混んでいるので、余裕をもったプランとしました。二尊院や野宮神社をプラスしても良いと思います。

渡月橋

阪急嵐山駅から渡月橋までは約200m。川沿いにはお店もあります。「渡月橋」は穏やかな流れの桂川に架かる、嵐山のシンボルです。承和年間(834~48年)に僧道昌が架橋したのが最初とされており、「月が橋を渡るように見えた」という逸話から「渡月橋」と命名されたそうです。中央を車が通り、両サイドが歩道という全長155mの橋です。観光地として有名な嵐山のシンボルですので、紅葉の時期はとっても混んでいます。ゆっくり楽しみたいときは早朝の散策がおススメです。

嵐山 渡月橋

天龍寺

・紅葉の見ごろと見どころ

天竜寺は、臨済宗天龍寺派大本山のお寺で、京都の禅寺の京都五山の第一位とされています。世界遺産にも登録されており、海外からのお客さんもいっぱいでした。かなり混雑するので、もし可能であれば、「早朝参拝」(2018年は11月10日~12月2日、朝7:30に開門)時に訪れることをお勧めします。

天龍寺の紅葉の見ごろは11月中旬から12月上旬です。11月上旬から桜紅葉が始まりますので、紅葉を楽しめる期間は長いです。天龍寺の見どころは「曹源池庭園」ですね。

・基本情報

名称 天龍寺
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺
アクセス 阪急「嵐山」駅下車徒歩約10分
TEL 075-881-1235
拝観料金 庭園(曹源池・百花苑):高校生以上:500円、小・中学生:300円、未就学児 :無料

諸堂(大方丈・書院・多宝殿):庭園参拝料に300円追加

法堂「雲龍図」特別公開:一人500円

拝観時間 8時30分 ~ 17時30分(北門は9時開門・17時閉門)
※10月21日~3月20日:8時30分~17時(北門は9時開門・16時30分閉門)早朝参拝
実施期間 2018.11.10(土)~12.2(日)
開門時間 7:30
HP http://www.tenryuji.com/

竹林の道

竹林の道は。野宮神社から大河内山荘へとつづく約200メートルの小道です。見上げるばかりの、まっすぐに伸びた竹が連なる風情のある、京都らしいスポットです。

嵐山 竹林の道嵐山 竹林の道

大河内山荘

・紅葉の見頃と見どころ

竹林の道を50mほど行くと左手に、昭和初期の時代劇スター、「姓は丹下、名は左膳」の語り口調で有名な、大河内 傳次郎(おおこうち でんじろう)氏の別荘跡「大河内山荘」の門があります。大河内傳次郎氏は、生涯に100本以上の映画に出演され、その映画の出演料をつぎ込んで、この庭園を作り上げたということですが、見ごたえがあります。見ごろは例年11月中旬~下旬あたりです。

大河内山荘 大乗閣大河内山荘 大乗閣

 

お抹茶とお菓子大河内山荘:山荘の入場料には、お抹茶・お菓子代も含まれているので、紅葉を楽しみつつお茶タイムを楽しみましょう。

 

・基本情報

名称 大河内山荘
住所 京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
アクセス 嵐電 嵐山下車 徒歩約15分/阪急電車 嵐山下車 徒歩約25分
TEL 075-872-2233
料金 中高生以上 1,000円(抹茶付)、小学生 500円
拝観時間 9:00~17:00
休業日 年中無休
駐車場 あり:普通車20台分、無料

 

常寂光寺

・紅葉の見頃とみどころ

「常寂光寺」は嵐山西の小倉山斜面に広がる山寺です。「常寂光寺」の紅葉の見ごろは例年11月中旬~下旬あたりですが、散紅葉の絨毯も素敵なので、12月初旬を狙っていくのも良いかもしれません。なんといっても木々が多く、上を見れば紅葉、下をみても紅葉の絨毯が楽しめます。

・基本情報

名称 常寂光寺
住所 京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
アクセス JR嵯峨野山陰線「嵯峨嵐山」下車徒歩約15分、京福電鉄「嵐山」下車徒歩約20分
TEL 075-861-0435
拝観料 500円
拝観時間 9:00~17:00(16:30受付終了)
休業日 年中無休
HP https://www.jojakko-ji.or.jp/

嵐山までの交通アクセス

紅葉の時期の嵐山はとても混雑しますので、公共交通機関の利用をお勧めします。

・嵐山駅(阪急嵐山線)

大阪からアクセスする方は特に便利で、阪急梅田駅から47分、400円です。梅田から桂まで35分、桂で嵐山線に乗換7分です。京都駅からは、地下鉄烏丸線で四条駅で阪急嵐山線に乗換へ30分、430円です。

・ 嵯峨嵐山駅(JR山陰本線)

京都駅から乗換なしで行けるアクセス方法です。JR山陰本線で亀岡行きで16分、240円です。嵯峨嵐山駅を降りるとすぐ右にトロッコ列車があります。紅葉を楽しむことができるトロッコ列車は大人気ですが、今回は時間の関係でプランにいれていません。一旦乗ってしまうと、保津峡経由で亀岡まで行ってしまし返ってくるのに時間がかかるからです。

・ 嵐電嵐山駅(嵐電嵐山本線)

嵐電嵯峨駅は嵐山の中心にあり、現地では便利な場所にあります。嵐電は全て各駅停車であり210円均一料金となっております。嵐電一日フリーきっぷなどお得な切符もあるので、確認していただくと良いかもしれません。

終わりに

紅葉の時期、嵐山はとても混雑しますが、寺社仏閣が近くにありいくつか回れるのがメリットです。見頃の嵐山の紅葉はまさに燃えるようで、素晴らしいものです。余裕をもってまわりたいものです。

貴船神社の参詣階段
【京都】鞍馬寺~貴船神社 紅葉ライトアップまでのおススメプラン【見頃、混雑具合、割引チケット情報】紅葉・ライトアップを見に 鞍馬・貴船1dayチケットを使って、鞍馬から貴船神社を回ってきましたので、まとめてみました。 鞍馬・...
紅葉
【京都】永観堂の紅葉の見頃、ライトアップ期間、混雑回避南禅寺近くの禅林寺、通称永観堂は「古今和歌集にモミジの永観堂」と詠まれるほどの、京都でも屈指の紅葉名所です。オオモミジ、イロハモミジ、岩...
南禅寺
【京都】南禅寺 紅葉の見頃、見どころ 南禅寺は、歌舞伎「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」という名台詞を残した三門が有...