京都

【京都・宇治】平等院鳳凰堂~美しい世界遺産でフォトジェニック

京都府宇治市にある平等院は、十円硬貨のデザインになっていることで有名な寺院です。今回は写真映えばっちりな鳳凰堂について綴ります。

平等院鳳凰堂

平等院鳳凰堂

平等院は永承7年(1052)、関白藤原頼通によってつくられ、極楽浄土の宮殿をモデルに中堂、左右の翼廊の、他では例がない建物です。 堂内には平安時代の浄土教美術の最高傑作が集約されています。 また、鳳凰堂やその屋根上の鳳凰はモデルとして、硬貨や紙幣に使われています
1994年(平成6年)には世界遺産に登録されました。

平等院鳳凰堂写真:平等院鳳凰堂/カメラ:GR
平等院鳳凰堂と10円玉写真:平等院鳳凰堂と10円玉

10円玉に描かれているのは鳳凰堂のため、こんな感じで写真を撮っている方が多数います。2018ちなみに1万円札の裏面に描かれている鳥が「鳳凰」像ですが、これは阿弥陀堂中堂大棟の屋根にある鳳凰を模写したものです。

平等院鳳凰堂平等院鳳凰堂

とっても写真映えします。

藤と平等院鳳凰堂

藤は平等院を建立した藤原氏の家紋にも使われている花であり、平等院のシンボルでもあります。樹齢約250年の藤は、4月下旬から5月上旬に見頃を迎え、歴史ある建物との組み合わせも見事です。

平等院鳳凰堂写真:平等院鳳凰堂

基本情報

住所 京都府宇治市宇治蓮華116
TEL 0774-21-2861
拝観時間 開園:8:30~17:30 入園受付17:15まで  鳳凰堂拝観は(鳳凰堂内部は16時10分まで(20分毎に1回50名の人数制限有)・ミュージアムは17時まで)
拝観料 大人600円 中高生400円 小学生300円 鳳凰堂内部拝観:別途300円
交通アクセス JR奈良線「宇治駅」から徒歩10分
京阪電車宇治線「宇治駅」から徒歩10分
駐車場 なし(近隣の民営駐車場に駐車することになります。)
公式サイト http://www.byodoin.or.jp

散策スポット

紫式部像

写真:紫式部像(宇治川のほとり)写真:紫式部像(宇治川のほとり)