ガジェット

iPad mini5購入!地味に圧倒的な進化

iPad mini4の発売から約3年半、ようやくminiシリーズの新型が登場しました。iPadmini5を購入して感じた、地味で圧倒的な進化をまとめました。

新型iPadmini(第5世代)とiPadmini4の比較

新型iPadminiは正式名称は『iPad mini』とアップルHPでは表記され、ナンバリングはしないようです。AppleのサポートではiPad mini(第5世代)と区分けされています。約3年半ぶりの進化でiPadmini4持ちの私が注目したのは、下線部分です。

iPad mini(第5世代) iPad mini4
画面サイズ 7.9インチ(2,048 x 1,536ピクセル) 7.9インチ(2,048 x 1,536ピクセル)
高画質技術 広色域(P3)、True Tone、1.8%の反射率、500ニトの輝度
Apple Pencil Apple Pencil(第1世代)に対応
CPU A12 Bionic(Neural Engine内蔵) A8
RAM  3GB  2GB
ストレージ容量 64GB、256GB 128GB
リアカメラ 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ) 800万画素・ƒ/2.4(5枚構成のレンズ)
フロントカメラ 700万画素・ƒ/2.2 120万画素・ƒ/2.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応HT80 802.11a/b/g/n/ac MIMO対応HT80
LTE ギガビット級LTE(28バンドに対応) LTE(20バンドに対応)
Bluetooth 5.0 4.2
本体サイズ 203.2 × 134.8 × 6.1 mm
重量 300.5 g 298.8 g
値段 64GB 45,800円
256GB62,800円
Wi-Fi+Cellularモデルは+15,000円
128GB 45,800円

 

 

iPadmini5に期待していたことと3週間使用後の感想

私は、iPadmini4を使用していて、特に大きな問題は感じていませんでした。今回買い替えた理由は、画像編集アプリなどを使用するときに少し時間がかかったりするのが気になっていたためです。実際にiPadmini5を使用して、CPUがA12 Bionicになり、さくさくとした使い心地で、圧倒的進化を感じました。

applepencilの使用については、使えるといいなと思っていましたが、今回実際に使用可能となって考えました。そしてapplepencilは使わないことにしました。私は手書きもしますが、手書きの感覚が好きなので、おそらくapplepencilは段々使わなくなると思うのです。もう少しapplepencilが安価であれば使用頻度が少なくても購入したと思いますが、1万円を超えるのはハードルが高かったのです。

見た目にはほぼ前モデルと変わらず、使い方も前モデルと変わらない、革新的な進化とは言い辛い、地味な進化ですが、使い心地の進化は圧倒的でした。

ただもしブラウジングだけなどであれば、今iPadmini4を持っている方は買い替えは必要ないかもしれません。

ipadminiとHuawei MediaPad M5Liteを比較して

iPadminiのサイズ感が使いやすいのですが、対抗としてHuawei MediaPad M5という機種があります。こちらはKirin960という2016年のSoC(CPU)です。予算的には良いのですが、CPUは新しく発売されたiPadmini5のほうが格上ですし、あえてAndroidに移行する理由もなかったので、iPadmini5購入となりました。

ipad-mini
iPad mini活用法~旅行に便利!本や動画をコンパクトに持ち歩く旅行に手ごろな大きさのiPadminiの私の旅行での活用法についてまとめました。移動時間やホテルではスマホより大きい画面が、読書に動画鑑賞に便利です。...
iPadで読書
iPadで読書(自炊本)iPadの活用方法、色々あると思いますが、私は読書の時間が一番長いので、自炊についてまとめてみました。 自炊しようと思ったきっかけ ...
iPad_Cellular
iPadはWi-Fi?Cellular?Cellularモデルを選ぶ理由iPadはWi-Fiモデルとモバイル通信にも対応しているWi-Fi + Cellular モデルの2つのモデルから選ぶことができます。 ...