兵庫

【兵庫】「但馬の小京都」出石の桜と名物皿そば

車で、大阪から約3時間。姫路から約2時間の「但馬の小京都」出石(いずし)の桜の名所です。今回は出石に行ったらぜひ食べたい、名物皿そばとともにご紹介します。

出石の桜の見どころ

やっぱり桜とお城の姿は華やかで素敵です。ソメイヨシノと八重桜が違う時期に開花するので「出石の桜は2度咲く」といわれます。桜が長く楽しめるのは良いですね。

出石城からの桜
城からの風景城からの風景
桜
出石 時計台出石 時計台

出石は城下町として整備された町割が碁盤の目状であることなどから、但馬の小京都と呼ばれています。国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されていて、レトロな城下町が楽しめます。

出石の基本情報

住所 兵庫県豊岡市出石町内町
TEL NPO法人但馬國出石観光協会 0796-52-4806
交通アクセス JR豊岡駅から全但バス出石行きで30分、出石営業所バス停下車、徒歩3分。または豊岡駅からタクシー25分。
駐車場 市営西の丸駐車場(普通車400円)ほか、4か所
関連サイト 但馬國出石観光協会ホームページ
さくら祭り期間 2019年3月23日から2019年4月30日
出石そば喰い大会は4月21日(日)・・・エントリーは3/18~4/10

出石そば

出石は関西屈指のそば処ということでおそばをいただきます。

出石そば出石そば

出石そばは、宝永3年(1706年)信州上田から国替えになった殿様仙石氏が伝えたとされています。出石の街には約50軒ものそば屋があります。出石焼の小皿に盛りつけた皿そばを何枚も食べる独特の様式です。一皿は2~3口分くらいです。

カメ吉
カメ吉
幕末の頃に屋台で出されるようになって、持ち運びが便利なようにと手塩皿(てしょうざら)に蕎麦を盛ったことからこんな独特の様式になったらしいです

5皿一組を一人前とし、薬味と徳利に入ったお出汁でいただきます。出石では箸を立てた高さを食べると成人男性の一人前と言われているそうです。

カメ吉
カメ吉
私は10皿2人前にしましたが、するっと食べれるので15皿3人前にしたらよかったと思いました。

出汁つゆにつけて、ネギ、わさびの薬味を添えて、卵を加えてと、いろいろな味を楽しめるのがうれしいですね。

色々なお店で食べたい方は、いずし観光センターで買える出石皿そば巡り巾着セット(1,800円)がおススメです。巾着に永楽通宝が3枚入っていて、永楽通宝1枚で出石皿そば一人前(3皿)のお食事ができます。
私が行ったときは桜まつり時期で、混んでいる時期だったので、一つのお店で食べました。でも15皿が一気に出るのも楽しいです。