旅情報

鎌倉大仏(高徳院)に行ってみよう!大仏様の中にも入れる!

鎌倉というと、大仏様。巨大な大仏像は鎌倉を代表するスポットのひとつです。

鎌倉の大仏の見どころ

東大寺にある奈良の大仏と並び、日本三大大仏の1つに数えられて、「鎌倉大仏」や「長谷の大仏」という愛称で親しまれています。正式な名称は「阿弥陀如来像」です。「高徳院(こうとくいん)」というお寺のなかにあります。台座を含めた高さが約13.35メートル、総重量は約121トンあります。大仏の開眼年は1243年と伝えられていますが、完成当時は全身に金箔が施され、大仏殿内に安置されていたそうです。なぜ、今は屋外で野ざらしなのか?実はその後に地震や津波で大仏殿が崩れてしまい、今のような屋外での安置となったそうです。1958年に国宝認定もされており、大仏様の胎内にも入ることができます。

鎌倉の大仏様鎌倉の大仏様

大仏胎内拝観

大仏胎内拝観の受付は、大仏像の脇にあるので、そこで20円を納め、胎内への入り口から中に入ります。一度に入れるのは30人程度なので、混雑時は並んで待つこともあります。中に入ったら、階段があります。中は、自然光が入るので真っ暗ではないので、長い歴史の中での修繕の跡などもみることができます。

鎌倉大仏胎内拝観鎌倉大仏胎内拝観

基本情報

住所 鎌倉市長谷4-2-28
交通アクセス 江ノ電 長谷駅より徒歩約7分
TEL 0467-22-0703
拝観時間 (開門時間)

4月~9月:午前8時~午後5時30分
10月~3月:午前8時~午後5時
入場は閉門15分前まで

(大仏胎内拝観時間)
午前8時~午後4時30分(通年)
入場は閉門10分前まで

休業日 年中無休
拝観料 一般・中高生:200円、小学生:150円

大仏胎内の拝観料は別途1名20円

公式サイト http://www.kotoku-in.jp/

江ノ電に乗って、長谷まで足を延ばしてみませんか。

しらす丼(和彩 八倉)
【鎌倉】ランチで名物しらす丼を食べる(和彩 八倉)鎌倉に着たらやっぱり、名物のしらす丼が食べたいですよね。おススメのお店をご紹介します。 鎌倉駅から徒歩10分、小町通りにある和彩 ...