旅情報

冬の日光を満喫する1泊2日の旅プラン~日光東照宮・二荒山神社・華厳の滝など

冬の日光に一泊2日で観光旅行してきたので、まとめてみました。

1日目

東武鉄道特急スペーシアにて浅草より日光へ

東京浅草より日光・鬼怒川方面へは、「スペーシア」の愛称でお馴染みの東武鉄道の特急を利用して行くのが便利です。スペーシアの特急券は「まるごと日光 東武フリーパス」と一緒に購入するのがおすすめです。こちらのフリーパスは日光地区の鉄道やバスが乗り降り自由で、有効期限は4日間です。

東武日光駅からバスで華厳の滝へ

 

写真:東武日光駅写真:東武日光駅

東武日光駅のバスチケット売り場や観光案内所は8:30からのオープンですが、「世界遺産巡り手形」や「2日間フリーパス」などの観光バスチケットは、一番バスの出発に間に合うような早い時間帯から駅構内の窓口で販売しているのでとても便利です。

9:04発の「湯元温泉行」の東武バスにのります。

「中禅寺温泉」バス停より、徒歩で華厳の滝へ向かいます。

華厳の滝

いよいよ、日本三大瀑布・三名瀑の一つ、華厳の滝に向かいます。二カ所の観瀑台があり、まずは「華厳滝エレベーター」乗り場の横にある無料の観瀑台、そして有料のエレベーターに乗ります。滝つぼのある約100m下までおよそ1分で下ります。

写真:華厳の滝写真:華厳の滝 高さ97m、滝幅7mもの大瀑布です。

中禅寺湖

およそ2万年前、男体山の噴火によって溪谷がせき止められ生まれたという中禅寺湖。きらきら光る中禅寺湖を左手に、日光二荒山神社中宮祠へ徒歩にて向かいます。

写真:中禅寺湖写真:中禅寺湖 4月中旬~11月には、遊覧船が運航しています。冬はスワンボートもお休みですね。

日光二荒山神社中宮祠

日光二荒山神社中宮祠は、聖なる山、男体山登山の入口です。勝道上人が男体山頂を極め、二荒山大神を祀ったのが始まりといわれ、重要文化財に指定された朱塗りの社殿、宝物館には日本一の大太刀「祢々切丸」があります。

写真:日光二荒山神社中宮祠写真:日光二荒山神社中宮祠

バスで日光二荒山神社中宮祠から日光方面へ

東武バスで、日光二荒山神社中宮祠のバス停から日光方面へ向かいます。中禅寺湖のバス停に戻ってお土産屋さんをみてからにしてもよいのですが、中禅寺湖から乗るとバスがいっぱいで立ち乗りになることがあります。

ランチ ゆば懐石

fudan懐石 和み茶屋にてゆば懐石ランチをいただきます。こちらは人気なので予約しておくことがおすすめです。

和み茶屋 ゆば懐石ランチ和み茶屋 ゆば懐石ランチ

記事はこちら

神橋

神橋は、日光山の入口にあり、大谷川にかかる美しい朱塗りの橋です。

写真:神橋写真:神橋

滝尾神社

冬は15:30ごろで他のところがしまってしまいますが、滝尾神社には行けます。

滝尾神社滝尾神社

滝尾神社の記事はこちら

金谷ホテル メインダイニングにてディナー

金谷ホテルにチェックインして、夕食はメインダイニングにていただきます。

日光金谷ホテル メインダイニング日光金谷ホテル メインダイニング

宿泊記はこちら

2日目

朝食

金谷ホテル伝統の朝食をいあただきます。ふわふわトロトロのオムレツが美味しいです。

写真:日光金谷ホテルの朝食写真:日光金谷ホテルの朝食

日光東照宮

豪華絢爛な造りの東照宮。10時頃から観光バスが到着するので、できるだけ早めに有名どころはまわっておきたいところです。朝早いと陽明門三猿眠り猫もゆったり見れます。

写真:日光東照宮写真:日光東照宮

日光東照宮の記事はこちら

二荒山神社

縁結びや子宝のご利益がある二荒山神社。東照宮から歩いて数分です。

二荒山神社二荒山神社

化け灯篭や縁結びの笹、二荒霊泉(若返りの水)、「良い縁の剣」、その他運試しスポットがあります。

バスで日光駅へ

歩いてもいけるのですが、バスに乗って日光駅へ向かいます。

ランチ

かまやカフェ・デュ・レヴァベールにて、NIKKO丼を食べます。

NIKKO丼(かまやカフェ・デュ・レヴァベール)NIKKO丼(かまやカフェ・デュ・レヴァベール)

 

明治館でチーズケーキ

40年間愛されている伝統の味、チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)をいただきます。こちらは洋館で雰囲気から素敵です。私は一旦バスで神橋まで戻っていきましたが、ケーキショップが東武日光駅前にあるので、そちらにいっても良さそうです。

チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)チーズケーキ日瑠華(ニルバーナ)

電車で日光から東武ワールドスクエアへ

電車で東武ワールドスクエアへ向かいます。

東武ワールドスクエア

47の世界遺産を含む、世界の有名建築物102点があり、こちらに来れば、世界一周の旅ができる東武ワールドスクエア。タワーをつまんだりの面白写真を撮るのも定番ですね。

東武ワールドスクエア東武ワールドスクエア

浅草へ

ちょっとだけ東武ワールドスクエアのライトアップをみて、駅へ向かいます。荷物をロッカーから出すのは忘れずに。東武鉄道の特急に乗り、浅草まで帰ります。帰りの電車は「眠い・・・」ですね。

最後に・・・・

拝観ルートと時間について

拝観ルートは、地理的に効率的に回るか、できるだけ混雑を避けるかという視点で変わってきます。私はできれば有名どころは人が少なめの朝に、できれば観光バスの到着する10時までに回りたいということで、今回のルート選択になりました。

旅の服装等

もっていくとよいもの:マフラー、手袋、帽子か耳あて、カイロ、モバイルバッテリー、お賽銭用の小銭、ペットボトル

今回は冬の日光ということで、アウターはダウンコートにしました。後はシャツ、カシミヤのセーター、ズボン、マフラー、手袋、耳あてですね。2日間で一番寒かったのは、中禅寺湖らへんでしょうか。やっぱり湖近くは寒いですね。耳あてしなかったら耳が痛くなり、必要性を感じました。

カイロも必須です。寒いときだけですが、足のつま先カイロも使用しました。

あと寒いのでスマホやカメラのバッテリーの消耗が早いです。モバイルバッテリーも準備しておくと安心です。寺社仏閣が多いので、お賽銭用の小銭も。。。paypayでお賽銭もできますが。

二荒山神社へ行くなら、若返りの水を持ち帰るペットボトルも。現地でも300円で売っていますが。

また望遠レンズ双眼鏡をお持ちの方は、持っていかれると、微細な芸術に触れることができるかもしれません。

日光は東京から気軽に行ける観光地なので、週末の旅行に、ご検討ください。

日光ゆば懐石ランチ/fudan懐石 和み茶屋~日光名物ゆばが食べたい!~日光といえばゆばが食べたい!ガイドブックに載っていた「fudan懐石 和み茶屋」さんに行ってきました。 「fudan懐石 和み茶屋...
滝尾神社
日光随一のパワースポット 滝尾神社 に行ってみよう日光東照宮とともに、時間があれば、日光一のパワースポットともいわれる「滝尾神社」まで足を運んでみませんか。「運試しの鳥居」「三本杉(御神木)」「子種石」「無念橋」など見どころ満載です・...
日光東照宮
日光東照宮の見どころや拝観ルートのおススメなど日光東照宮は、日光観光のメインとなるスポットです。陽明門、三猿、眠り猫などの見どころや拝観ルートと時間などをまとめました。...