旅情報

日光二荒山神社中宮祠の見どころ

日光二荒山神社中宮祠に行ってきたのでまとめてみました。本社と同様に、アミューズメントパークのような神社です。

日光二荒山神社中宮祠とは

男体山=大己貴命(おおなむちのみこと)をお祀りする神社として、勝道上人により、天応二年(782年)の男体山登頂の二年後の延暦三年(784年)に建立されました。

御祭神は

二荒山神社と同じく、二荒山大神 (ふたらやまのおおかみ)⇒親子3神が御祭神です。

  • 大己貴命   (おおなむちのみこと)     父:いわゆる大黒様です。
  • 田心姫命   (たごりひめのみこと)     母
  • 味耜高彦根命 (あじすきたかひこねのみこと) 子

日光東照宮脇にある本社と、男体山山頂にある二荒山神社奥宮の間にあるので、中宮祠と呼ばれています。

日光二荒山神社中宮祠の見どころ

日光二荒山神社中宮祠 鳥居日光二荒山神社中宮祠 鳥居

銭洗い【男体霊水】:金運アップ

男体山の御神水で小銭を洗うと金運上昇と言われています。時は2月、凍っていて洗うのも一苦労です。

銭洗い【男体霊水】銭洗い【男体霊水】:こちらでお金を洗うと金運アップと言われています。

「良縁の松の木」黄色いハンカチで良縁祈願

幸運を呼ぶ黄色いハンカチ(1枚300円)に願い事を書いて、松の木に結ぶと、願い事が叶うと言われています。

御神木である『良縁の松の木』にあやかり、「良縁待つ」の意味を兼ねているそうです。

本殿右手に良縁の松があり、絵馬と黄色いハンカチがあります。

松ぼっくり占い

松ぼっくり占い(100円)では。ルーレットに6種類の松の名前のシールが貼ってあり、松ぼっくりがどこで止まるかで占います。

[/jin-img-shadow]

 

赤松 最良なり
黒松 必ず叶う
五葉松 努力要する
這松 希望あり
蝦夷松 待つべし
唐松 あやうし

神楽殿

拝殿に向かって左側に「神楽殿(大黒殿)」があります。

日光の定期観光バスに参加した知人は、神楽殿で巫女さんによる舞の奉納とお祓いを受けるのがコースで組み込まれていたそうです。

天井画天井画:文星芸術大学の日本画専攻の学生さんたちが描いたものだということです。色鮮やかできれいです。
開運おみくじ日光二荒山神社中宮祠 神楽殿 開運おみくじ
日光二荒山神社中宮祠 神楽殿 大黒様の開運木大黒様の開運木:欅の古木と「招き大黒様」を祀っています。
開運を願うには左手で
安産を願うには右手で
良縁を願うには両手で
木の肌を撫でてお祈りします

中宮祠稲荷神社

御祭神は倉稲魂神(うかのみたまのかみ)。

穀物の神様、転じて商売繁盛の神様です。

御神木 イチイ

勝ち運上昇のご神木、「イチイの木」を祀っています。樹齢1100年を超える古木です。イチイの木は勝ち運を上昇させ、邪気を吸い取ってもらい、強い精神力をいただけるというパワースポットです。

鳥居

青銅製の鳥居から出ます。

基本情報

名前 日光二荒山神社中宮祠
住所 栃木県日光市中宮祠2484
TEL 0288-55-0017
交通 JR・東武日光駅より東武バス湯元温泉行きバス乗車、約40分「二荒山神社中宮祠前」バス停下車、徒歩約1分
公式サイト http://www.futarasan.jp/