和歌山

【和歌山】大斎原(熊野本宮大社の旧社地) 日本一の大鳥居は圧巻!

熊野本宮大社の旧社地、大斎原について、綴ります。

大斎原とは(熊野本宮大社の旧社地)

「大斎原」は、読み方は「おおゆのはら」、1889(明治22)年に大洪水の被害に遭うまでは熊野本宮大社が置かれていた場所です。大鳥居は高さ33.9m、横42mにも及ぶ日本で一番大きい鳥居です。

大斎原写真:大斎原

参拝順序は本殿→産田社→大斎原

大斎原は、本殿から、国道を渡り徒歩10分ほどの距離にあります。
まず本殿をお参りし、伊邪那美命の荒御魂がお祀りされている産田社にお参りして、その後日本一の大鳥居をくぐり、大斎原へお参りするのが、参拝順序になります。

大斎原には二基の石祠が建てられ、左側に中四社下四社を、右側に境内摂末社の御神霊が祀られています。

基本撮影禁止のようです。「聖域のため、みだりに写し、他に利用してはならない」との注意書きがありましたので、注意しましょう。

足元の排水は良くないので、雨上がりの時などは履いていく靴に注意したほうが良いです。

広々としたところに大鳥居があり、近づいてみると圧倒される大きさです。

基本情報

名前 大斎原
住所 和歌山県田辺市本宮町本宮1
拝観時間 閉開門時間なし
拝観料 無料
駐車場 無料(熊野本宮大社駐車場を利用)

最後に

カメ吉
カメ吉
パワースポットとしても有名です。ゆっくり深呼吸してみましょう
徐福公園
【和歌山】徐福公園を散策してみよう(新宮市) JR新宮駅から徒歩で約2分、中国式のカラフルな徐福公園の楼門があり、それが徐福公園です。小さな公園ですが無料で散策できます。...