ガジェット

ホテルの有線LANをWi-Fi化するトラベルルーターが便利【バッファローのWi-FiルーターWMR-433W】

旅行や出張で、ホテルに泊まるときは、ホテルのインターネットを使います。最近はホテルのインターネット環境も良くなりましたが、宿泊するホテルによっては有線LANのみの場合があり、「トラベルルーター」で無線LAN対応に切り替えるとネット環境がより便利になります。

トラベルルーターとは?

「トラベルルーター」と呼びましたが、「ホテルルーター」「ポータブルWi-Fiルーター」などと呼ばれています。

ホテルの客室などに備え付けられている有線LANケーブルと接続することで無線LAN中継機の役割を果たすアイテムです。有線LANしかない環境下では有線接続1つしかできませんが、ホテルルーターがあれば、スマホやタブレットなど複数の機器にWi-Fi接続することができます。

購入したWMR-433Wについて

旅行や出張で持っていきたいので、コンパクト、軽さ、コスパを重視し、バッファローのポータブルWi-FiルーターWMR-433Wを購入しました。
サイズは45×45×15mmで重量はなんと約19gです。ティーパックの袋より小さいです。

 

WMR-433WWMR-433W

仕様のポイント

IEEE 802.11 11ac/11n/11a/11g/11bに対応

Wi-Fiには、IEEE 802.11a/b/g/n/acという5つの選択肢があります。このうち高速なのが11nと11acで、11n対応のルーターなら最大300Mbpsが、11ac対応のルーターなら最大433Mbpsの高速通信が行えます。WMR-433Wは最大433Mbpsの高速通信が行えます。

もちろん、ホテルのルーターがこれに対応していることが前提ですが、この2つに対応していることで、十分な速度が出ないといった不満は回避しやすくなります。

周波数は2.4GHz、5GHzの両対応 (物理スイッチで切り替え)

周波数は、2.4GHz帯と5GHz帯に両対応しており、私は5GHzで主に運用しています。2.4GHz帯は障害物に強く遠くまで電波が届きやすいですが、他の機器と干渉し速度低下を起こすことがあり、5GHz帯は障害物に弱いため電波が飛びにくいですが、周囲の家電機器や無線機器と干渉しにくく速度も速いといわれています。ホテルなどの部屋が密集している環境であれば、5GHz帯のほうが干渉しにくいのではないかと考えます。両方に対応しているので、環境に応じて使い分けできるので便利です。

なお、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応している製品の中には、同時接続式と切り替え式の2種類があります。同時接続タイプのほうが、環境に応じて自動で回線を選んでくれるので手間いらずですが、WMR-433Wは切り替え方式です。

セットアップ

  1. 電源を入れる前に有線LANポートにEthernetケーブルをつなぐ。
  2. 電源をいれる (マイクロUSBケーブルを繋いで、マイクロUSBケーブル自体を電源アダプタに繋ぐ)
  3. 同梱されていたカードに記載されているSSIDに、記載されている暗号化キーを利用して接続

これでインターネットにつなげることができました。

USB給電ケーブル(25cm)は付属ですが、ACアダプターは付属ではないので。スマホのものを使用しました。

追加設定

念のため、SSIDと暗号化キーを変更しました。

  1. ブラウザを開き192.169.13.1にアクセスし管理画面にログイン(ログイン情報は本体裏面に記載のユーザー名とパスワードを使用)
  2. SSIDを変更
  3. 暗号化キーを変更

買ってよかった点

有線LANしかないホテルでインターネットを使える

有線LANしかない環境下では有線接続1つしかできませんが、トラベルルーターがあれば、スマホやタブレットなど複数の機器にWi-Fi接続することができます。

無線LAL環境があるホテルでも速度に難がある場合に、インターネットを快適に使える

無線LANがあるホテルも増えてきましたが、速度がまちまちだったり不安定な場所も多いのが現状です。理由としては、時間帯により混雑するため、あるいは、部屋ごとではなくフロアごとに中継地点があるために、部屋の場所の関係でインターネット環境が悪いということがあります。トラベルルーターがあれば、有線LAN接続することで、インターネット環境が改善できることも多いです。

最近は無線LAN環境のみのホテルもありますが、その場合も上記理由でインターネット環境が不安定な場合がありますが、トラベルルーターを中継器とすることで改善されることもあります。USBモバイルバッテリー駆動が可能な場合,ホテルの部屋の中でもっとも電波が強い場所に本機を設置し(例えばドアの前など),トラベルルーターを介して部屋中で接続するという方法もとれます。

インターネット接続設定いらず、簡単(ホテルの無線LANの設定をするのが面倒)

ホテルで無線LANに接続するとき、SSIDを確認してパスワードを入力することが必要です。機器を複数持っていれば、複数回になります。トラベルルーターの場合、一度接続した機器は設定不要でまとめて繋げられるので、ホテルごとに一台ずつ機器の設定をしなくて済むので、ホテルで接続するときは、トラベルルーターに有線LANに接続するだけで簡単です。

ちなみにホテルに無線LANしかない時に、トラベルルーターを“ワイヤレスWANモード”に切り替えて、ホテルの無線LANを中継して無線LANを有線LANと同じように使うということもできます。

セキュリティ対策になる

Wi-Fiで中継してセキュアなWi-Fi環境として利用できます。

WMR-433W購入、使用での注意点

宿泊するホテルによっては、PPPoE対応が必須の場合もあり、WMR-433WはPPPoE非対応のため使えない場合があります。PPPoE対応のものを購入したほうが良いかもしれません。私は旅行時LANケーブルはホテルで借りることが多いのですが、接続口とコンセントの口が近くにないと届かない場合があります。